Vol.5 株式会社八幡平DMO コーディネーター 鳥海 良信氏

中長期的戦略でMICE誘致を進めつつ、即効性のある個人向けワーケーションを

株式会社八幡平DMO コーディネーター 鳥海 良信氏

 長年リゾート施設運営に携わり、八幡平リゾート株式会社取締役総支配人を退任後、八幡平DMOに参画された、八幡平の魅力や観光に精通するコーディネーター 鳥海良信氏にお話を伺った。

受け入れる側の利益が確保できるシステムづくりを

いわて八幡平ワーケーションサイト編集部(以下HW): リゾート施設を運営する側の経験として、ワーケーション受け入れの課題をお聞かせください。

鳥海 ワーケーション誘致のターゲットは、クリエイターやフリーランスを対象とした個人向けと、会議や研修などを対象とした企業向けがありますが、企業向けのMICE誘致は、中長期的な戦略を立てた上で、ハードやソフトの充実を進めながら、受入れ側としてのホスピタリティを向上させていかなければなりません。

 対して個人向けのワーケーション受入れは、今ある資源を、最低限の投資と努力で有効利用できるので、即効性のあるアクションを取ることができます。

 新型コロナの影響により、従来の短期宿泊の団体観光(企業の慰安旅行や観光バスツアー)は今後も減少していくことが予想されます。いずれ多くの宿泊施設が長期滞在に対応していかなければならないと考えています。

 しかし、昼と夜両方の滞在空間の提供は、事業者個々の対応では限界があります。そこは地域で補い合っていくことが重要です。信州では、宿同士で長期滞在者の夕食を融通し合う対応をしているところもありますし、コロナ禍で部屋食も増えているため、デリバリーなどの対応も必要となってくるでしょう。そうなると従来の、室料よりも食事料に利幅を置いた宿泊料金設定も問題となり、素泊まりや朝食のみ泊でも適正な利益を得られるような室料に改めていかなければなりません。

株式会社八幡平DMO コーディネーター 鳥海 良信氏
株式会社八幡平DMO コーディネーター 鳥海 良信氏
ワーケーションモニターツアー 安比高原ブナの二次林
ワーケーションモニターツアー 安比高原ブナの二次林

八幡平の「素敵な大人たち」

ワーケーションモニターツアー 裏岩手山縦走はまさかの雪模様
ワーケーションモニターツアー 裏岩手山縦走はまさかの雪模様

HW: コーディネーターとしてワーケーションに関わって、印象に残ったことを教えてください。

鳥海 2020年10月に実施されたフリーランス対象のワーケーションモニターツアーにおいて、受入れ側スタッフに対して、参加者から「素敵な大人たち」との評価をもらいました。

 ワーケーションの空間・時間を提供した、参加者のアニキ的年齢の宿泊先オーナー。降雪という悪コンディションの中、アドベンチャーツーリズムを成功に導いた、地元に生まれ、または八幡平に魅了されて移住した、土地の魅力を熱く語るガイド達。ツアーで交流した地元アーティストなど、八幡平の「大人たち」のもてなしに、参加者が感動してくれたのです。このツアーの参加者が中心となって、今の「八幡平ワーケーションウィーク」へと繋がっています。

ワーケーションモニターツアー 七滝ハイキング
ワーケーションモニターツアー 七滝ハイキング

レクリエーションとは「リ・クリエーション(創造性の再生)」

HW: ご自身もワーケーション実践者とのことですが、その魅力についてお聞かせください。

鳥海 自分自身の経験から、ワーケーションをする魅力は大きく分けて二つあります。

 一つ目は環境やアクティビティによって、心身ともに浄化されてニュートラルになること。

 二つ目は自分の中の方程式に、非日常のモノ・コト・ヒトが代入されることによって、今までとは違う考えや行動が引き起こされることです。

 「レクリエーション」とは「リ・クリエーション」。つまり、創造性の再生であり、自分の「元気」を取り戻すということです。

ワーケーションモニターツアー 安比高原 中のまきばで朝食
ワーケーションモニターツアー 安比高原 中のまきばで朝食

 そのためにも、戸外で構想をねったり、部屋にこもって仕事に集中したりする場所は、自分にとって快適な空間である必要があります。

 特にホテル泊でのワーケーションを通じて不足を感じることが多いのは、部屋内のワークスペースを、ある程度自在に作れる家具。プリンター、サブモニターの貸し出し。Web会議で資料共有をした時の通信速度の三つです。いずれも「快適な仕事空間」を作る重要要素だと思います。

八幡平のワーケーションの今後の課題

鳥海 八幡平のワーケーションの魅力を、環境、コンテンツ、インフラの三つで測ると、豊かな自然や、高緯度高標高の内陸性気候の過ごしやすさなど、環境は文句なく80点以上です。

 コンテンツは60点くらい。ガイドたちの質は高いレベルにありますが、ガイド自身の高齢化という問題があり、全員がゲストの要求に合わせた対応ができるわけではありません。今後、ゲストが求めるコンテンツとガイドの組み合わせをコーディネートできるようになれば、より満足度の高いコンテンツを提供できるでしょう。

 インフラについては、長期滞在に対するインフラは40点といったところでしょう。通信環境などのハード面は徐々に改善されてきていますが、今は短期宿泊に対するホスピタリティと、長期滞在に対するホスピタリティの違いを、各事業者が学習している段階だと言えますので、今後の伸びしろには十分期待できると思います。

 また、従来の短期宿泊対応から、長期滞在対応へクロスフェードさせていくために、エリアとしての取り組みと、事業者個々の事情に合わせた経営戦略のコンサルティングが必要です。

※MICE(マイス)とは、企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネス旅行の総称です。

株式会社八幡平DMO
株式会社八幡平DMO

株式会社八幡平DMO

住所:〒028-7111 岩手県八幡平市大更25-68-2

開福ビル2階D号

TEL:0195-78-8882

電話受付:8:30〜17:30

公式サイト https://hachimantai-dmo.trip8.jp/

よかったらシェアしてね!