ラーニングワーケーション モニターツアー

サーキュラーエコノミー最前線!

鉱山都市の栄枯盛衰から持続可能な経済と経営を考える

かつて雲上の楽園として栄えた鉱山産業は、大量の流出廃棄物による環境被害という副産物を生み出しました。一方現在では、循環経済の三原則に基づいたイノベーティブな事業開発が盛んに行われています。地球規模の課題や中心産業の歴史を体感することで、自社のビジネスモデルを見直すきっかけを得ます。

閉山後の鉱山都市跡

「地熱」を利活用した新しい循環型の地域経済へ

ツアー詳細 

開催地 : 岩手県・八幡平市

Before:6月15日  16時~ 18時のオンライン研修(越境学習理解・現地情報のインプット)

On   :6月22~25日 現地訪問

After   :7月6日  16時~18時のオンライン研修(振返り~自社課題への接続)


※プログラム監修:㈱日本能率協会マネジメントセンター

6月22日(水) 6月23日(木) 6月24日(金) 6月25日(土)
盛岡駅集合 テレワーク 引退競走馬の馬糞と温泉熱で作った堆肥によるキノコ栽培 ブナ林マインドフルウォーク
松尾鉱山の歴史と汚水処理の現場を知る地域 日本初の地熱発電所で地熱発電について学ぶ 温泉熱とITを活用した八幡平スマートファーム
テレワーク 振り返り
地熱染工房で地熱利用の事例を見学 地域交流 盛岡駅へ移動

こんな方におすすめ!

✓企業経営・執行責任者    新事業・商品開発リーダー    事業改革リーダー    次世代リーダー育成責任者

✓ソーシャルビジネス推進者(SDGs、CSV、地方創生、働き方改革など)

参加費: ¥261,000(税込み)/人(最低催行10名)

※参加費内訳 域内旅費:85,000円(税込み)、ラーニングワーケーションプログラム費:176,000円(税込み)

※ 事前事後のオンライン講義・現地でのプログラム費・宿泊・朝食・地域交流会・域内移動費が含まれます。

※ 現地(盛岡駅)集合・解散。現地までの旅費は含まれません。

旅行企画:株式会社 八幡平DMO 担当:柴田

所  在  地:岩手県八幡平市大更25-68-2

お問い合わせ:電話 0195-78-8882 / E-mail travel@trip8.jp

登録番号岩手県知事登録旅行業 第 地域―253 号

名  称 株式会社八幡平DMO

所 在 地 岩手県八幡平市大更25-68-2

総合旅行業務取扱管理者・担当者名 楊 鈞庭

参加申し込みフォーム

Google Docs
ラーニングワーケーション 参加申込書 サーキュラーエコノミー最前線!都市の栄枯盛衰から持続可能な経済と経営を考える かつて雲上の楽園として栄えた鉱山産業は、大量の流出廃棄物による環境被害という副産物...

申し込み受付終了

よかったらシェアしてね!