Vol.2 「八幡平ワーケーションウィーク」イベントコーディネーター 岩村 和哉氏

いわて八幡平であなたの新しい価値観を見つけて

「八幡平ワーケーションウィーク」イベントコーディネーター 岩村和哉氏

 ビデオグラファーWACO CREATE 岩村 和哉氏は、「八幡平ワーケーションウィーク」イベントのコーディネーターを務める。彼がなぜここマウンテンリゾート「いわて八幡平」に魅力を感じ、そして当イベントをどのような思いで企画されているのかをインタビューした。

ワーケーションウィーク

きっかけは自分の夢から始まった

いわて八幡平ワーケーションサイト編集部(以下HW):  岩村さんの今までの道のりを教えてください

岩村: 元々は公務員を目指して大学に入学したのですが、大学生時代のある旅行途中、東京で外国人との交流イベントに参加する機会がありました。知らない人同士が同じ空間を共有する中で会話をしたり、仲良くなったりする雰囲気が好きだなと感じ、いつか「人と人とを繋ぐ場づくり」となる、ゲストハウスをやりたいと考えるようになりました。

 当時は大学生で資金的にもゲストハウスを開業することは難しいため、一般企業に就職しましたがやはり諦めきれませんでした。そんな中、仙台に新しくゲストハウスができたことをきっかけに、そこでスタッフとして働き始めました。

 2019年勤めていたゲストハウスがHafH(旅のサブスクリスプションサービス)に登録。その際、HafHのスタッフから、岩手県八幡平市の「安比ロッキーイン」を紹介され、これが八幡平へ足を運ぶきっかけとなりました。

ワーケーションウィーク
ワーケーションウィーク
岩手山登山
体験プログラムの一環での岩手山登山

クリエイティブ×ワーケーションの可能性を八幡平で知る

HW いわて八幡平に訪問した時の感想をお聞かせください。

岩村: 2019年の夏に初めて八幡平市を訪れたのですが、「安比ロッキーイン」のオーナー大滝克美さんの魅力に惹かれてしまいました。

 このちょうど八幡平でワーケーションモニターツアーがあり参加したのです。 モニターツアーでは、松川温泉峡雲荘の温泉に入ったり、松川地熱発電所の見学、八幡平地熱蒸気染色体験をしたりしているうちに「八幡平って面白い!」と思い、ツアー後も自ら何度も足を運ぶようになりました。

 それまでの自分の旅のスタイルは、宿とその周辺を知るだけでしたが、八幡平に長期滞在しそこに住んでいる方々と交流し、その土地について深く知ることができたおかげで、今まで自分の旅とは違うスタイルの発見と同時に、これはまさに学生時代の自分の夢を別の形で実現できると実感した瞬間でした。

そして、今自分はビデオグラファーという仕事をしていますが、自分のようなクリエイティブな職業は、感性を磨く環境の必要性を感じていますし、またどこでも仕事ができるワークスタイルのため、ここいわて八幡平でのマウンテンリゾートワーケーションの素晴らしさや可能性をとても感じています。

HW 岩村さんにとって八幡平の魅力は何ですか?

岩村: 八幡平の人は寛大な人が多くて、それが魅力だと思いますね。素晴らしい自然、温泉があるのはもちろんなのですが、「安比ロッキーイン」の大滝さんを中心に八幡平の人に関わっていると懐の深さを感じます。

ワーケーションウィークで山登りをし、最初はあまり得意ではなかったのですが、八幡平を訪れたことをきっかけに山登りにハマってしまいました。そしてこれを機に自然も好きになり、価値観が変わりましたね。

中のまきば
ワーケーション参加中のメンバーと朝ごはん

HW 八幡平ワーケーションウィークで経験出来ることを具体的に教えてください

岩村: 私自身フリーランスとしてビデオグラファーをしていますが、「八幡平ワーケーションウィーク」で新しい繋がりや他のフリーランスの方との出会いがあることが参加するメリットと思います。また八幡平の自然に触れ合える体験プログラムや「温泉ワーケーション」など、様々な企画を盛り込んでいますので、そこから新しい経験や価値観を見つけていただけたら嬉しいです。

HW ワーケーション中の過ごし方でアドバイスがあれば教えて下さい。

岩村: ワーク3割、バケーション7割ぐらいで考えておくと良いってことでしょうか。あまり重い仕事を持っていってしまうと、仕事に忙殺され、その地域の魅力を感じる時間が少なくなってしまいます。日中はいつもどおり仕事をしつつも、ふらっと地域を散歩できる余裕があるくらいが丁度いいと思います。

  朝と夜は、その土地の魅力や自然を感じる時間を作ったり、他の参加者とご飯を食べながら交流したりできると、普段とは違う過ごし方ができて新しい発見や閃きがあるかも知れませんね。

温泉後に仕事をしている様子/松川温泉峡雲荘
温泉後に仕事をしている様子/松川温泉峡雲荘
岩村和哉氏

「八幡平ワーケーションウィーク」

イベントコーディネーター

ビデオグラファー

WACO CREATE 岩村 和哉

八幡平ワーケーションウィーク申し込みはこちら https://hachimantaiworkationweek.peatix.com/

動画撮影の依頼はこちら https://wacocreate.studio.site/

よかったらシェアしてね!